TOP施工例 | 自然を取り込む暮らし | 継承される日本庭園と新しい焼杉の家/浜松市

継承される日本庭園と新しい焼杉の家/浜松市

先代が大切にしてきた庭園を守ることを第一に考えて改築した母屋。一番いい眺めのところにリビングを配置しました。黒い焼杉の外壁が緑に栄え、昔からそこにあったかのような家になりました。

敷地内に建つ御蔵や茶室、長屋の雰囲気を壊さないよう、和風大屋根のお住まいです。玄関はアクセントになる赤茶を選び、モダンな雰囲気もプラス。

木々が涼しい風を運んでくれそうな木陰。まるで森の中?

母屋とゲストハウスの間、夏には涼しい良い風が通りそう

北バルコニーは眺望がいいという理由で設けたところ

北の外観。こちらから見ると2階建てに見えます

勾配屋根を利用した吹抜けリビング

脱衣室と洗面の機能を分けて広々空間に

設計・施工担当から

W様とは共に先代からのお付き合いで、これまで何度となくお住まいやお蔵の補修等をさせていただき、かれこれ60年ほどのお付き合いになります。そのようなわけで、850坪に及ぶ広大な敷地の様子は熟知しているといっても過言ではありません。 
先代は古い建物や庭園をとても大事にされている方でしたので、今回(代替わり後)の母屋の建替えにあたりましては、全体の景観を守りながら既存の庭を取り込むことを一番に考えて計画させていただきました。同時に、今まで母屋とつながっていたゲストハウス部分を離れとして独立させる改築工事も行わせていただきました。 
新しい母屋は、建物の高さを低く抑え、まるで昔からそこにあったかのように建っています。主張しない大屋根のシンプルなデザインと外壁に使用した焼杉の黒は、緑の中で和の落ち着いた雰囲気を醸し出しています。メンテナンス性の良い外壁の焼杉はこの先何十年も建物をしっかりと守ってくれることでしょう。
 間取りの方はいたってシンプルですが、住まいの中心となるLDKに個室から家族が集まってくるイメージです。吹抜け・勾配天井のリビングは、庭を眺めるためにベストな位置に配置し、家族が心地よく過ごせて、楽しく料理ができる空間になるでしょう。家事動線の要となる水回りはそれぞれ十分な広さをとり、無駄のない動線としたつもりです。 
北側に配置された3m×5mのバルコニーは大久保の谷間が望める景観のよい場所です。夏には町内の花火を間近に見ることができます。このバルコニーの下は、サービスヤードです。デッキ付きで雨に濡れない便利な空間です。BBQパーティーにも最適です。
最後に、この新しい母屋が年月を重ねていく中で敷地内の他5つの建物とも調和し馴染み、大切に住み継いでいただけることを期待します。

 
 

焼杉の外壁

焼杉」とは、杉板の表面を焼いて炭化させた板のことを言います。意識的に燃やして炭化した層を作ることで、外壁としての耐久性をアップさせたものです。以前から焼杉の外壁というと、和風の家を好む方用の外壁という位置づけでしたが、最近ではメンテナンス性が良いという別の意味で様々な年代の方に注目されています。耐用年数については、焼杉板の焼き具合やその板が使われている場所によって変わります。外壁用であれば軒の出の量などの条件で大きく変わってきます。良く焼いて炭化層の厚みがある焼杉板であれば、特にメンテナンスをする必要もなく、ほぼノーメンテナンスで50年以上は持つと言われています。
焼杉板を作る手間や施工する手間を考えると、焼杉板は安いとは言えません。しかし、20~30年というランニングコストを考慮すると、他の外壁材に比べて安価で耐久性の高い外壁材と言えるのではないでしょうか。焼杉の黒色や質感が気に入れば、検討してみるのも良いと思います。強いてデメリットといえば、触った時に多少黒くなることくらいでしょうか。
 
☆焼杉は自社で製作しています。

〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町6628-1
TEL:053-485-0848 FAX:053-485-4918
営業時間:月~土曜日 8:00~17:00
<定休:日曜・祝日>
施工対応エリア:湖西・浜松・磐田・袋井・掛川
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) IRIMASA. All Rights Reserved.