WORKS 施工実績

住み方の変化に合わせた間取り変更/浜松市中区富塚町

リフォームをする所は、現在の生活の基盤となっている2階家に隣接する「平屋の建物」。築40年ほどの5DK。現在はあまり使用されておらず、親戚が集まる時のために手を入れておきたいというご夫婦のお話。使用されていない浴室やキッチンを撤去し、新たな目的で使えるような間取りに変更しました。

リフォーム内容≫外部・内部の部分改修(断熱改修)、間取り変更

玄関を広く、明るく。

増築で東西に長いK様邸では、ふたつの建物のつなぎ目で日常の出入りをされているようでした。増築部が東であることに対して、西の端にある唯一の玄関をしっかり玄関として使っていただけるように考えました。
北向き玄関の場合は、日が当たりにくいのでうす暗くなりがち。こちらでは明るさを確保することがポイントになります。新しく小窓を増設し、玄関建具自体も光の入るガラス付きタイプのものを選択しました。玄関の建具は開き戸(ドア)から引き戸へ変更し、より広々と使いやすい玄関になりました。玄関の引き戸へのリフォームは年配の方に好評です。

増築部とのアクセスもしやすくなりました。この西の玄関を使える玄関として機能させます
ドアからガラス入りの引き戸へ交換。インターホンも増設
明るくなった玄関ホール。古い建具と新しい建具が混在。今は色味が違いますが、時間と共に馴染んでいきます

素足で気持ちいい無垢床へ。

リフォーム前の床は、いわゆる「合板」と呼ばれるもの。ベニヤを接着剤で何枚か重ね貼り合わせてその表面に 薄くスライスした板を貼ってあります。これは、経年で接着剤が剥がれてきて、床を貼り替えるというパターンのものです。

床は常に足に接しています。見た目だけでなく肌触りや断熱性が大切だとの考えから、入政建築では無垢の床(主に唐松・杉)を使っています。お引き渡し時には、木が呼吸できるように浸透性のある塗料を塗布しています。足触りを損なわない床で、湿気の多い梅雨時期でもべたべたせずにさらっとしています。年間を通して素足で過ごせる日数が多くなります。

離れていた「トイレ」と「洗面所」を近づけて使いやすく。

トイレの位置を玄関の反対側から移動しました。古いお風呂場の脱衣所だったところに、新しい洗面台を置きました。洗面台の位置だけは変わっていませんが、もともと窓がない位置にありましたので、玄関ホールと新しいトイレの高い所から採光を取りました。このようすれば、昼間電気を付けなくても十分使える洗面所になります。もし気にならなければ、トイレの引き戸を開け放しておくと、なお明るくなります(トイレの便器は廊下から見えません)。
この洗面所は、奥のトイレへの出入りをしやすくするため、廊下との仕切りを敢えて造っていません。外から帰った際にはさっと手が洗えて便利でしょう。
トイレは杉の腰板張りで、木の暖かい雰囲気に仕上げました。

Q 今さらですが、断熱とはどういう意味ですか?

A 熱は温度の高い所から低いところへ移動する性質があります。この移動を少なくすることを断熱と言います。日本の住宅の断熱性能は各国と比べると相対的に低く、部位ごとに見てみると窓の性能に大きな問題があります。特に断熱の必要性を感じるのは、夏よりも冬の寒さ。暖房時に家から逃げる熱のうち、およそ半分が窓やドア等の開口部からだと言われています。

暑さ寒さの改善は断熱改修で。

リフォームのきっかけの一つに、古い木造住宅の冬場の寒さ問題があります。これは新築時に断熱材がゼロだったり、たとえ断熱工事がされていても現在の基準を大幅に下回っいることが原因です。解決方法は断熱性能を上げること。外気と接する床、壁、天井に断熱材をきっちり隙間なく入れ、窓等の開口部を断熱仕様にします。これらの工事は、家全体で行うと効率よく効果も上がるため、大規模な改修工事の際に行います。また、そこまで大規模でなくても効果的な断熱改修として、以下のような窓の断熱方法があります。下記のような窓だけの断熱改修でも冬場には効果が感じられるはずです。

  1. ガラスの交換・・・既存窓を利用して、複層ガラス等に交換する
  2. 内窓設置・・・既存窓の内側に新たに窓を新設する(数時間で完了)
  3. 外窓交換・・・既存窓を取り除き、新たな窓に交換する

普通のシングルガラスの場合は、トタン板ほどの断熱効果しかないと言われています。これでは冬の寒さや夏の暑さ、結露を防げません。今回のK様邸では、床壁、天井にまで改修が及んでいるため、3の「外窓交換工事」としました。シングルガラスからペアガラスの窓への交換です。

リフォーム前

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約