WORKS 施工実績

店舗設計施工 さぬきうどん野の香/浜松市浜北区平口

お店の基本コンセプトは、“さぬきの原風景”。味、食感にはじまり、雰囲気や居心地よさを感じてもらえる店づくりを心掛けました。


平屋に大きく掲げたみどりの暖簾が看板変わり。古い小さな引き戸を開けると、香川県讃岐から取り寄せた大きな梁(古材)のかかった天井が印象的です。天井高の店内は解放感があり、訪れた誰もが懐かしい心地になるでしょう。

建物外観は、讃岐に今も多く残る煙草の乾燥小屋(ベーハ小屋)をモチーフにしています。ぴょこっと屋根から突き出たところは、昔々は煙抜きという役割りがあったそうです。この小さな二重屋根の形状、遠くから見ても愛嬌があります。

讃岐地方では現在、農機具小屋や廃小屋となっているものがほとんど。ベーハ小屋が多く現存している地域は讃岐だけだそう

木、土、竹、瓦、石で作られた小屋はやがて全てが土に還ります。年月とともに崩れ、やがて朽ちてゆく土壁や木の風情は、役割を終えて朽ちていくもの独特の美しさを感じさせます。昔の家づくりの記憶がとどまっているようです。

昔はあたり前だったこのような家づくり。
現在では土に還る素材を使って家づくりをすることは、贅沢といわれるようになってしまいました。

古材を活かす技

店内の梁(古材)は店主と共に讃岐まで出かけ、実際に見て選んできたもの。入政建築で加工します
新しい材の中に混じっています

うどんはゆでたて、天ぷらは揚げたて、ダシは天然。「本物」のさぬきうどん専門店

浜北のサンストリート平口の小高い丘の上にあり、お昼や夕時には駐車場がいっぱいになります。これはコストパフォーマンスが優れていることのあかしでしょうか?

うどんも天ぷらも、お腹いっぱいになる程のボリュームです。こだわりは、お客様の“満腹感”“満足感”に応えること。うどんはツルツル、天ぷらはサクサクでリーズナブル。 『席待ち』のお客様で外までいっぱいになってしまいますが、回転が速いため待ち時間はそれほど苦になりません。すのこの軒下でお待ちください。

店内の造作家具

メニュー置きがあるテーブルも造作

さぬきうどん野の香ご案内≫

住所 浜松市浜北区平口222-1

営業時間 平日・土曜・祝日、11:00~14:30 日曜、11:00~14:30、17:00~20:30

定休: 水曜

電話 053-545-9997

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約