WORKS 施工実績

浮遊間/浜松市中区広沢

高低差のある土地を活かしたスキップフロアの家。

玄関がある北側は比較的交通量の多い道。南に開いた普済寺の杜を眺められるリビングは解放感があふれる。リビングのフロアにはご両親の寝室や水廻りを並べました。

南外観
スキップフロア階段
リビングダイニング
キッチン
和室
個室
個室の奥はウォークインクローゼット
玄関ホール

設計コンセプト

敷地は浜松市の中心部から程近い文教地区。変形敷地で、そのうえ高低差があり、非常に難易度が高い。経済面や工事期間のことを考えると、土地を埋め立てて整地するという選択もあったが、“土地のポテンシャルを生かした設計”を希望する建て主の想いを受け、このままの状態で設計を試みる。悪条件を有効利用するために、スキップフロアーによる流れるような空間構築を考えた。そのため、この家は道路からも敷地からも浮き上がっているように見える。
まず玄関から4段上がってリビングに入ると、前方の窓からは緑の森が飛び込み、天井に沿って伸び上がるような吹き抜けの空間が広がっている。この部屋はスムーズな日常の動線を考慮し、特に細かな仕切りを設けていない。地階の子供部屋は互いのプライバシーを考慮して、玄関から直接入室可。そして“暮らしにガラスの彩りを”という建て主の感性を大切にして、窓や壁、仕切り等には硝子を多用している。健康と環境に考慮して空気集熱式ソーラーシステムを選択。

設計・監理 村松 篤 設計事務所

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約