WORKS 施工実績

キッチン

大工や家具職人が造るキッチンのことを「造作キッチン」といいます(オーダーキッチンともいいます)。コンロやシンク、水栓、海外食洗器まで、メーカーを問わずに組み込むことができます。面材やカウンター材も選べて、自由にカスタマイズできるキッチンです。シンク下はオープンにすることがほとんど。両脇から出入りできるキッチンは、作業性良好です。

中央の四角いところは食洗器のためのスペース。四方を囲んで複数人で作業できるキッチン

作業台が広めのキッチン

作業台が広いと調理がしやすくなります。下ごしらえをしたものを一旦置いておいたり、仕上げに盛り付けするスペースが広いと作業効率が上がります。

右手前が冷蔵庫スペース。スペースが広いキッチン
ダイニング側は収納棚。コンパクトキッチンは、コンロとシンクに挟まれた作業スペースが最小限。まな板を置き、その横や向こうにボウルやバットを置けるスペースは確保しましょう
冷蔵庫位置は洗面入口の横(画像奥)。「出して、洗って、切って、加熱する」という動作が順番に一列になったキッチン
シンク下は床に直置きするゴミ箱スペースに。リビングに溶け込む家具のようなキッチン
作業は横方向になるI型キッチン。シンク上の水切り棚が便利。引き出しが多いキッチン
コストと面積を抑えた壁付けI型。好みの塗装でカジュアルキッチン
LD側にシンク、背面にコンロを配置すると、作業動線もキッチン幅も短くなる。
シンクを囲むようにカウンターを設置して小料理屋さんのようなキッチンに
会話の障壁にならない程度の高さで立ち上がりを。シンクを隠してくれるキッチン
冷蔵庫をスッキリ見せる冷蔵庫スペース
家の司令塔キッチン。すれ違いができる通路幅、みんなで囲めるキッチン
LD側はシンクのみでコンパクト。家族から孤立しない、家族が自然にまわり込みやすいキッチン
突き当たりが窓からの自然光で明るい。シンクもよく乾いて清潔に保てる。
独立型でもこもり感が少ない、窓からの景色が気持ちいいキッチン
2つ目のキッチンとしてミニキッチン

メーカーキッチン+廻りを造作】

既製キッチンを使い、カウンターや手元の立ち上がり壁、側面壁などを組み合わせてキッチン廻りを造ったり、背面収納を造ることができます。例えば、シンプルなI型キッチンを対面式にし、オープンキッチンのように仕立てることもできます。メーカーキッチンの良さ(収納力・お手入れのしやすさ)を取り入れつつ、リビングから見えるキッチンの雰囲気を損なわずに希望の雰囲気が叶えられます。比較的コストも削減することができます。

対面式キッチンの立ち上がりと側面壁、背面収納を造作
ダイニング側はカウンターに。上部にはやんわりと空間を仕切る棚を
シンプルなキッチン背面収納のレイアウト
3方が明るいキッチン。カウンター上部にロールスクリーンなどを付ければ料理に集中できて隠せる独立キッチンに
食後の食器受け渡しに便利なシンク配置。天板に水返しを廻して水で流せるキッチン
キッチン上部収納棚・家電棚を造作。既製キッチンがリビングからまる見えにならないように手前に配膳用の造作カウンターを設置
配膳台兼作業台下には分別ゴミ箱置きスペース(長め)を
ポップなイエローが明るい作業動線が良いキッチン
通り抜けて廻れる、油飛散対策万全キッチン
ステンレスがカッコイイ、タイル壁キッチン
L型キッチンを対面に配置。上部がオープンで圧迫感がないキッチン

対面式キッチンの通路幅

通常の通路幅は800mm、すれ違いするには900mm、ゆったりなら1000mm必要です。それ以上の幅になると、今度は振り返って1歩が必要になります。調理中に何度も行き来する動線は短い方が作業効率が上がります。キッチンは広すぎても狭すぎても使いにくくなります。

I型キッチンを対面式に配置。冷蔵庫は収納側に計画すると奥行きがすっきり
見せる収納と隠す収納を。シンク上部を飾り棚と水切りに
背面収納の一部を家事の合間のデスクスペースに
小さな配膳台はダイニングとの中継台。料理には美しい盛り付けも重要です
ダイニング側から違和感のない木の雰囲気で。背面棚はクリアガラスで器を見せる棚
窓があればキッチンのにおいを外へ逃したり、洗い物が乾きやすい。明るい前面窓のキッチン

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約