WORKS 施工実績

簡素な暮らしを楽しむ家/浜松市南区鶴見町

住み心地が良く、環境に負荷を掛けない暮らしがしたい。そんなライフスタイルを叶えるお住まいです。

森の中の小さな家がいい。

森の中にひっそりと佇み、ずっと前からそこに合ったような小さな家。そんな家で自然と寄り添う簡素な暮らしをしてみたい。計画はこのような要望からはじまりました。

敷地内同居の子世帯住居として17坪の新築
夜になると黒い外壁は木々の深い緑に沈み、建物は灯りをぽっと灯す山小屋ふうに
毎日の洗濯はデッキで気持ち良く。奥に母屋が見えます
住まいは家の中だけではありません。デッキを介して庭と繋がります
小さな家には小さな玄関ホール
食のスタイルにこだわる奥様のキッチン。必要最低限、カウンタ―下収納でまかないます
テレビは置かない。PCコーナー
くるっと向きを変えて料理中も家族と話します
踏み石一つで庭へ降りられるデッキ

施主さんより

もともとマンションに暮らしていたせいもあるかと思いますが、ちょうど良い広さと間取りです。ロフトがあるのでわりと片付いてしまいます。
最初は計画になかったM窓とデッキを提案してもらい良かったと思います。おかげで外に開いた住まいになりました。外に出るとすぐ緑や土があり、小さな子供を外で遊ばせながら家事ができるのは家を建てて一番良かったと思えることです。
子供たちは家の周りをぐるぐるとまわってよく遊びます(以前は高層マンションだったので、子供を気軽に外に連れ出すことができませんでした)。
完成のタイミングでちょうど寒くなる時期になったので、そよかぜ(次世代ソーラーシステム)の効果を実感しています。昼間は本当に快適です。夜も家が小さいこともあってか、すごく寒くなることはありませんので、最少限の暖房器具で過ごせています。
また、住んでみてから気づいたのは、屋根付きの自転車置場の必要性です。幼児用の乗物もありますし、洗濯物を屋根のあるところへ干したい時もあります。今後の検討事項です。

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約