BLOG ブログ

浜松で焼杉の家を建てるには?@いりまさ

2020.10.01
軒が深いと外壁が守られます(雨風を避け長持ち)

焼杉の外壁は、落ち着いた風格があり重厚感がある自然素材です。一般的でこそありませんが、昔から日本で使われている素材です。ガルバリウムやサイディングの壁よりインパクトが強い黒い建物になります。価格的にも、とびぬけて高いというわけではありませんので、最近では和風や和風モダン好きな若い方にも好んで使われるようになりました。

焼杉とは、杉板の表面を焼いて炭化した層を作ることで、杉板の耐久性を格段にアップさせたものです。またこの炭化層は、昔から防災・防火のメリットのある外壁という意味でも使われてきたそうです。昔からあるもの、残っているものにはいいものがあることが多いですね。

メンテナンス面では、経年変化(雨や紫外線)により炭化層が削り落とされてしまうと、素地が見えてくる部分があります。しかし、大きな変化はあまりないそうです。そういったところから、塗替えが必要な外壁材に比べ、メンテナンスの手間が掛からない外壁だと言われています。部分補修ができる永遠素材なので、好みさえ合えば、長い目で見てお得ということが言えそうです(10年経ったら古い製品は製造中止になっていて手に入らない。仕方ないから外壁全体を改修したということが他ではあり得る話です)。

しかし、焼杉板は表面が炭化層なので、触れると煤(すす)が付きます。竣工時だけでなく、そこに壁がある限りずっとです(初めて見る方は、多分誰もが触りたくなります)。初めだけと思われている方がいらしたらそれは違いますので。

建物の出入りの多いところは他素材の外壁にするといったデザイン面での工夫が必要になります。

「これなぁに?」と軽く触ってこのくらい付着します。洗えば落ちますので、大騒ぎするほどではありません
こんな感じに、出入りのある玄関廻りに焼杉を避けます

関連施工例:継承される日本庭園と新しい焼杉の家/浜松市西区大久保町

入政建築の焼き方は、昔ながらの「三角焼き」。3枚の板を合わせ、三角柱を作ります。それを縄で縛ってから、中にカンナくずや新聞紙を入れます。
この三角柱を垂直の立てて下から点火します。中がぼぅぼぅと燃えて上部から煙が上がります。

これを人が支えて燃やすという大変な作業ですが、特に設備も要らないので、やる気と場所さえあれば自分たちでもできるわけです。

新聞紙とカンナくずを詰めます。板が厚いでしょ?
何回かやっているうちに、小技を習得した大工さん。小さな工夫で効率アップ!

【参考】工場生産の焼杉は、主に表面をバーナーで焼いたバーナー焼きという製造方法。バーナー焼きの場合は表面の炭化層が薄く、表面の素地が数年くらいで見えてしまうものもあるそう。

杉板の内側が勢いよく燃えています。外にも炎が出てきて熱さとの闘いです
煙突のように煙が上がります。作業場横にて
焼杉の消火タイミングは経験から学ぶしかありません。燃やし過ぎても足らなくてもダメ。最近はだんだん上手になってきました

焼杉の外壁を長持ちさせるためには、炭化層を厚くし、建物の軒を風雨から守るために深く出すことが肝心。炭化層の出来具合はどうでしょうか?

横から見ると炭化層の厚みが分かります。約18ミリ厚の杉板に対して約7~8ミリは炭化層
表面はつい触りたくなるデコボコ調です。何かの外皮みたいです
手作りの仮設プールでじゅわーっと冷やします。これ以上に燻って炭化が進まないように止めます
大量に製作した焼杉板をリフトで運びます
作業場に保管された焼杉。入政建築では自社で使う分だけ都度焼いてストックはしません
バーナーで、焼きが不十分な部分をちまちまと丁寧に焼いていきます。大工さんの一日仕事です

自社で製作する意義は、自分たちでできることなら当然というスタンスでやっています。手間の掛かる大変な作業ですが、お客様が外壁を選ぶ際のひとつに足していただけたらと思います。家のメンテナンスの中でも外壁にかかる費用は特に大きいですよね・・・

広報 すずき

次回、完成見学会の建物でも焼杉外壁を取り入れています↓

告≫

10/31(土)・11/1(日)「子育て世代、洗濯動線の良いサンルームのある家」完成見学会@浜松市西区神ヶ谷町


image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約