BLOG ブログ

壁紙クロス、選ぶならオガファーザー

2020.10.16

先日、OB住まい手さんの壁紙塗装に立ち会いました。築20年、施主さんの初めての壁紙塗装です。通常ならば壁紙の貼り替え時期ですが、こちらは剥がさずに上から塗装できるオガファーザーという特殊な壁紙。汚れが目立ってきたため壁紙の上から大胆にローラーで施主さんが塗装を施しました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その際、これと同じ壁が事務所にもあって、意外ときれいなままであることに気付きました。

この「オガファーザー」という壁紙は、ヨーロッパの住宅やホテルの建物に180年以上前から使用されているもので、触ると凸凹しています。調湿性があり天然ウッドチップが入っています。もともと塗装用下地なので、剥がす必要が無く何度でも上から重ねて塗装できるのが特長です・・・海外っぽい発想ですね。

事務所階段付近の壁、オガファーザー。凸凹が見えますね
木部の経年変化の色合いから、築年数が分かります(築20年ほど)。壁は何の手入れもしていません
上部は遠いので良く分かりませんが、ぱっと見はきれいです
事務所の壁(オガファーザー)施工から20年経過

事務所の壁は施工時に塗装まで施したものです。20年近く経った今でも美しい。汚れず剝がれずです。

ふつうのクロス(ビニールクロス)は、10数年も経つとたいてい汚れ剥がれや、貼り合わせのところにひびが出てきてしまいます(もちろん施工の違いはあると思いますけど^_^)。事務所の壁は、オガファーザーに塗装したことで、また汚れが付着しにくくなってるようです。部分的に汚れているところもありません。肌触りがしっとりしているので、静電気を寄せ付けないようです。

考えてみると、家の内壁というのは、室内の7~8割を占めてしまいます。どういう素材(珪藻土や漆喰・塗装・クロス等)で仕上げるかで、家のイメージは大きく左右されることになります。しかし、使用する面積が多いため家づくりの際にはコストが大きな理由になりがちです。塗り壁で仕上げれば上質ですが、当然一般的なクロスよりも予算がかかってしまいます。なので自然素材にしたいところを、費用面であきらめる方もいらっしゃいます。

しかし、このオガファーザーに塗装を施す方法であれば、自然素材の質感を残しつつ壁を美しく長~く保つことができます。その結果、生涯のメンテナンス費用が削減できます(初期にオガファーザー素地のままにしておき、数年後汚れたら塗装するという方法もあります)。

家を建ってからの10年や15年は、あっという間。あっという間に壁紙の貼り替え時期がやってきます・・・たいがい手始めは電化製品の不調からやってくる感じですが。そして、設備機器・・・となっていきます( ;∀;)

壁紙はよくメンテナンス性が良いといわれますが、「貼り替えることができる」という意味です。貼り替え費用はもちろん、家のすべての壁紙を貼り替えることを想像してみてください。家具の移動やら職人さんの出入りやらとたいへんそうです。やはり一番良いのは、壁が竣工時のまま美しく長~く保たれることではないでしょうか?

またもし、どうしても飽きてしまったら、DIYで上から塗り替を。何回でも剥がさずに塗り替えできます。

竣工時にオガファーザーに塗装を施すと、初期費用は壁紙よりも当然高くなります。しかし、貼り替える必要がありませんから壁の一生的にはお得な感じになると思います。

メーカーではこの調湿作用のあるオガファーザーに自然塗料デュブロンを塗装することを推奨しています。壁紙の呼吸も妨げないとのことです。

壁素材を考える際に、選択肢の一つにして入れてみてはいかがでしょう?

『壁紙+塗装』で、しっとり質感オガファーザー。ホコリ、ヨゴレがつきにくく、キレイに長持ちするみたいですよ!

もっと詳しく→ オガファーザー

広報 すずき

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

LINEで無料相談