BLOG ブログ

板張り天井を取り入れてみませんか?/浜松 工務店

2021.11.25

「天井材は何にしましたか?」おそらくクロスのお住まいが圧倒的に多いでしょう(ふつう黙っていればだいたいそのような運びになるからです)。入政建築はというと、塗装が多いです。私が思う塗装のメリットは、メンテナンスが不要であること。つまり普通のクロスのように10~15年での貼替えの必要が無いところ。同じく、時々取り入れている木の天井(板貼り天井)もメンテナンスが不要です。

塗装にしても木にしても初期コストはクロスと比較すると少し高くなりますが、生涯的に見れば、クロスと「トントン」ではないかと思います。若しくは、その質感や経年変化等で目を楽しませてくれる分、お得な感じさえします。室内に壁と天井が占める割合は非常に大きいので、この天井部分の素材に何を選択するかで家の見え方(雰囲気)は大きく変わってきます。

天井に木を使うと、そこは木の温かさを存分に楽しめる特別な空間になります。視界を邪魔するものがないということは、隅から隅まで木が見える印象的な天井になるということです。

では、入政建築が施工する板張り天井に注目してみましょう。

こちらの天井はラワン合板。節や木目が無くスッキリしています。あまり主張しないのでインテリアの邪魔になりません。ラワン合板は建築家が好んで使うことが多い素材です。無垢床材と同じく経年変化で徐々に色濃くなり味が出てきます。入政建築では、美しい合板を選別して使いますが、きれいな合板を探して揃えるのはとても手間がかかるという話を現場から聞きます・・・

LDKの天井を板貼りに(ラワン合板)

広沢の家/浜松市中区広沢

LDKの天井を板貼りに(ラワン合板)

シンプルに暮らす平屋、浜の家/浜松市南区遠州浜

天井に木を使うと空間に温もりが加わります。

取り入れやすい事例は、白い空間の中にポイント的に木の天井とする方法です。直接触れることのないところだからと木目調のクロスをおしゃれで貼る方もあると聞きますが、やはり本物には敵いません。自然素材には調湿作用があり、家の一部となっても呼吸をし続けてくれるからです。

そして実は、この木目というもの、全体をよく見ると不規則さと規則正しさが調和しています。木の空間に囲まれると、なんだかほっとする、リラックスできるという感覚を持つ方が多いのは、このようなゆらぎの視覚的効果からだと考えられています。白い壁に比べると、木目からは温かくやさしい印象も受けます。実際に触れても冷やりとはしません。図書館や病院、美容院、カフェ等の建物内に木目が好まれるのも、人の気持ちをリラックスさせてくれるからですね。

次の写真、木の天井部分が白色だったらと想像してみてください。印象はどんなふうに変わりますか?

マンションリノベーション マンションの天井のかたちを活かしてLDKの天井一部を板張りに(唐松)

中古マンションリノベーション/浜松市東区笠井新田町

歯科医院 診察室の天井を板貼りに(唐松)

歯科医院設計施工(深谷歯科医院)/浜松市南区芳川町

診察台に載って天井を見上げた時、無機質な白より木目の方が安心しませんか?木目を使う建物の歯医者さんには勝手に優しいイメージを持ってしまいませんか?

より印象的な板張り天井にしたい方は勾配天井に。

勾配のついた(斜めの)天井と平らな天井とでは空間のスケールが異なります。屋根勾配なので設計からの話になりますが、勾配天井に板を張ると、ずっしりと落ち着いた雰囲気の「いかにも木の家」という雰囲気になります・・・私は木造教会をイメージします。

LDKを板張り勾配天井に(唐松床材)

簡素な暮らしを楽しむ家/浜松市南区鶴見町

こちらは礼拝堂施工例です。大空間の天井に木を使うとまたまた素敵です。因みに床は唐松。

礼拝堂「からし種」板張り勾配天井(節無し杉材)

ぜひ、板張り天井にしたい!という施主さんはプランの早い段階でお申し出ください。どんな形で取り入れるのかということにはセンスが問われます。

広報 すずき

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

LINEで無料相談