WORKS 施工実績

大屋根、通り土間のある家/浜松市西区伊左地町

木製の大きな窓のある家を建てたいというご主人の夢と、家事動線の良い家がいいという奥様の希望をしっかりと取り入れました。

就業時間が異なり、家での時間が噛み合いにくい共働き夫婦のお住まい。お互いの生活スタイルを優先する寝室別室プランを希望されました。共有スペースである吹抜けLDKは、空間と時間を共有しつつそれぞれの暮らしを尊重してくれます。

大屋根はダイナミックな印象。和風モダンな外観
前南道路のお住まいには、通りからの視線を遮る塀を。ピッタリ閉じないところがいりまさ風
裏まで抜ける長い玄関土間。夏は南から北へ良い風が通り抜けます。ご主人を多趣味にする予感
家中どこにいても声が届くLDK。大屋根ならではのおおらかな空間
大屋根は一日中明るい採光計画です

I型キッチンを対面式に仕立てる

入政建築で最も多いかたち。既成キッチンを使ってリーズナブルにできます。手元の立ち上がり高さや横の壁、ダイニング側もカウンターや棚等自由に造作できます。

キッチン背面に折り畳みテーブル(タモ)天板を付けました。Y様ご夫婦にはこのくらいのダイニングスタイルがピッタリなのだそう。リビングも広く使えます
LDK空間上部分は丈夫はダイナミックな勾配天井。木と白い壁の配分はお好みで
日当たりの良い2階のフリールーム。今のところは収納スペースとして使用

間仕切り家具の仕切り効果と上部の風通し

LDKを大空間にする際、ただ広いだけでは使いにくいだろうということは何となくお解りになるでしょう。暮らしやすくするためには、部屋の機能や役割、つながりを考える必要があります。これはうまく家具を使い、エリア分けというものをすると良くなります。床から天井までの壁ではなく、家具でやんわり仕切ることで、開放感を損なわずに広い空間にすることができます。

空間仕切りの役目を果たす家具。キッチン側は食品庫・食器棚として使用

こちらではLDKと北側の水廻りを階段と収納家具でゆるく仕切っています。それにより棚向こうに廊下(通路)が出現していますが、あくまでもLDKと一体空間。棚は両サイドから利用でき、上部をオープンにしているため圧迫感がありません(拡がりを視覚で感じられます)。南から北への風通しにも有効です。

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

お問い合わせ メール 電話

WEB予約