BLOG ブログ

自然農法講座(第4回)定植編

2022.05.25

今回は定植の作業。講師の川田先生が急遽これなくなり、前日にレクチャーをしてもらいました。お陰で当日の作業は順調に進みました。しかし、思いのほかポットの苗が大きくなっておらず、すべてを植えることはできませんでした。

苗の育ちが悪い理由は?

草花などの植物はその大きさに合わせてプランターに植え替えるので、わざわざ苗に合わせてミニポットに植え替えてしまいました。しかし、成長させたい野菜苗の場合は、根の成長を考慮して思うより大きめのポットに植えなければならなかったのでした( ゚Д゚) 数日後に大き目のポットへ移しました

5/7当日の様子です。まずは用意してあった畝の草取りからです。鎌で根を残しながら上部のみを刈り取っていきます。まだそんなに大きな草もなく割と早く草取りを終えることができました。ポットの大きさぐらいに穴を掘り、底に腐葉土と水を差しながら植えていきます。

植えた後にまた水やりして終了です。今回植えたのは、ミニトマト、かぼちゃ、へちま、キューリ、レタス、レモンバジルです。ナス、ピーマン、万願寺唐辛子については苗がまだ小さく植えることができませんでした。次回にまわします。

5月中旬、植えこんでから2週間ほどたちますが、土の力がないせい枯れてはいないものの・・・あまり大きくなった形跡がありません。これから気温も上がってくるので成長することを期待しています。少し心配です。今はガラス温室組と同じくらいの大きさです。

こちらは、5/23のガラス温室です。ポットが大きくなったからか?気温が上がってきたからか?「ナス」がようやく育ってきました。まだポットに残っている苗がたくさんあります。朝夕2回ジャブジャブ水やりで育成中!

自然農法講座(第5回)「手入れ」6/7(土)参加希望の方はこちらから

関連ブログ:2022年ことはじめ、「自然農法」を習う。

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

LINEで無料相談