BLOG ブログ

工務店の造作キッチンとは?

2021.06.10

LDKスタイルのお住まいが多い中、キッチンは設備機器というよりは、もはや家具と考えた方がしっくりきます。リビング空間の中で浮かないキッチン、家の中心的な位置にありながら、自然とインテリアに溶け込むオープンキッチンは素敵です。

既製品のメーカーキッチンで面材がピカピカしていたりして、それがまず素材感が気に入らないという方は造作派です。造作では、キッチンの形状、素材、取っ手金物、設備機器、収納、レイアウトすべてが自由です。希望が多いシンク下にゴミ箱スペースを設けることも、造作の方が適しています(既製品でこのタイプを探すのはなかなか困難です)。また、メーカーでは高価なアイランドキッチンも、造作した方が予算を抑えられる可能性があります。自分が動きやすい機器配列や作業効率が良くなる寸法を考慮して、オリジナルの木のキッチンを造ることができます。ただし、こうしたキッチン計画が面倒と感じる方や片付けが苦手な方に造作キッチンは不向きです。片付けやすい機能的で収納に長けたメーカーキッチンが適しています。

メーカーキッチンなのか、造作キッチンなのかは、使う方がキッチンに求めるもので分かれます。費用面ではどちらも幅があるため比べることができません。

みなさんが気になる予算。造作キッチンは、シンプルに造れば費用を抑えられます

骨格は単純な箱の組み合わせです。そこから扉や引き出しが増えていくと金額がアップしていきます。それらが少なくてオープンであればあるほど安価にできます。そして、選ぶ設備機器によって差が出てきます。

私たちが造作キッチンをおすすめする理由は、造作キッチンが一生ものだというところからです。新し時が一番のメーカーキッチンと違い、使い込んで行くうちにだんだんと経年変化し、良い味わいが出てくるのが特長です。木の家のようですね。

老朽化したメーカーキッチンの全取替の時期は、15~20年くらいがめやすとなりますが、造作キッチンは部分的に傷んだところだけを造り替えることができ、水栓やコンロの入替えにも対応できます。いつまでもオリジナル、というところにひとつの価値があると思うのです。

入政建築が造ったキッチンいろいろ→ 造作家具 施工事例キッチン

広報 すずき

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10

LINEで無料相談